UNITED ARROWS LTD.

Staff Blog

 
Stores
All
関東
北海道・東北
北陸・東海
関西
中国・四国・九州

プレス

CATEGORY :【 Other 】
2016.11.30

連載コラム【音楽のある風景】 Vol.55

グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。

glrstaffblog-20161201192143-61.jpg

どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月の選曲は、星降る夜に身も心もじんわりと温もりを帯びていくように。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月に入った頃から急に冷え込む日が多くなり、コートが手ばなせない季節がやってきました。東京では何でも54年ぶりという11月の初雪、しかも観測史上初めてという積雪も。僕はUSENなどの空間BGMやSpotifyのプレイリストといった選曲仕事で、クリスマス・セレクションを仕上げたばかりですが、今年は何年かぶりにホワイト・クリスマスを迎えることになるかもしれませんね。

今月はちょうどクリスマス前にリリースされる僕の最新コンピレイション、“Good Mellows”シリーズ待望の新作となる『Good Mellows For Stardust Memory』も完成させました。そう、「星降る夜の音楽紀行」をテーマにしたこのコンピは、初めてウィンター・シーズンというリスニング・シチュエイションも意識したものなんですね。そのせいか、とっておきの珠玉のメロウ・ビーツ〜バレアリック・アンビエント〜チルアウト・ハウス〜ジャジー・ブレイクス〜アーバン・ビートダウンを紡ぎながら、身も心もじんわりと温もりを帯びていくような選曲になりました。

オープニングを飾るのは、故Nujabesも一聴して惚れこんだNitsuaによる、スティーヴ・キューンの涙の名曲「The Meaning Of Love」のメロウ・サンプルが胸を打つ「By And By」。そしてエンディングは、バレアリック・チルアウトの誉れ高き生き証人クリス・ココが、ぜひ“Good Mellows”とコラボレイトしたいとカフェ・アプレミディを訪ねてきてくれたときに即座にライセンス・リクエストした、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの不朽の名曲「Sunday Morning」のメランコリックかつファンタスティックなアンビエント・カヴァー(胸に沁み入る歌声は孤高のロック詩人ニック・ケイヴです)。井上薫があの『Aurora EP』以来14年ぶりに満を持して復活させたChari Chariの、4ADやECMを意識しつつフリオ・リャマサーレスの小説「狼たちの月」にインスパイアされた傑作「Luna de Lobos」が、早くも世界初のCD化(そう、今回も半分以上の収録曲が世界初CD化なのです)というのも大きな話題です。

僕はこの83分以上におよぶ『Good Mellows For Stardust Memory』を聴いていると、ナット・キング・コールらが歌った名スタンダード「Stardust」が脳裏に浮かび、かけがえのない思い出がフラッシュバックしてきます。以前からこの曲の歌詞が村上春樹の小説のモティーフにならないかな、と密かに楽しみにしているのですが、まさにそんな、甘美な瞬きにひとさじのセンティメントが滲むような夢見心地の時間旅行を味わえるのです。それは恍惚のロマンティシズムと心震わせるビート、星くずの奏でるメロディー。「美しい月夜の魔法を宿した心地よく甘美な至宝」という選曲コンセプトで1年ほど前に編んだ、『Good Mellows For Moonlight Rendezvous』と併せて、ぜひ冬の夜にお楽しみいただければと思います!

━━━━━━━━━
11月の選盤

glrstaffblog-20161202135509-645.jpg
星降る夜の音楽紀行、珠玉のメロウ・ビーツ〜バレアリック・アンビエント〜チルアウト・ハウス〜ジャジー・ブレイクス〜アーバン・ビートダウンを、橋本徹さんが美しく幻想的なかけがえのない思い出のように紡いだ、傑作揃いの絶品コンピレイション『Good Mellows For Stardust Memory』

glrstaffblog-20161202135558-593.jpg
月の輝く夜、神秘的でロマンティックな音の桃源郷へと誘ってくれる、胸を打つビートと麗しのメロディー、橋本徹さんが美しい月夜の魔法を宿した心地よく甘美な至宝を集めた、名作尽くしの極上コンピレイション『Good Mellows For Moonlight Rendezvous』

────────────────── 
橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは330枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

Hot Items / ホットアイテム
More