UNITED ARROWS LTD.

Staff Blog

 
Stores
All
関東
北海道・東北
北陸・東海
関西
中国・四国・九州

プレス

CATEGORY :【 Other 】
2016.06.30

連載コラム【音楽のある風景】 Vol.50


グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。

glrstaffblog-20160705143006-968.jpg

どうぞお楽しみください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月の選曲は、「街の音楽を美しくしたい」という思いをこめて、ブリージンな夏を心待ちに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
梅雨の晴れ間、早くも暑い日々が続いていますが、今月は夏を心待ちにする気分で選曲した、心まで爽快な気持ちになれる2枚のコンピレイションをご紹介します。

まずは放送開始から記念すべき15周年を迎えた、UNITED ARROWS green label relaxingでも店内BGMに使用されている「usen for Cafe Apres-midi」のアニヴァーサリー・コンピ『Music City Lovers〜Soundtracks For Comfortable Life』。「街の音楽を美しくしたい」という希いをこめて、音楽好きのセレクター17人が親密な思いと共に手作りで選曲を行っている、“生きているハンドメイド・チャンネル”の現在進行形の姿を刻印した一枚です。ジャンルにとらわれず、時代の気分や街の空気にフィットする、自分たちが日常の中で聴いて心地よいと感じる音楽を集めてみました。

ジャズ、ボサノヴァ、メロウ・グルーヴ、フォーキー・ソウル、ソフト・ロック、シンガー・ソングライター、AOR、ラヴァーズ・ロックから、アーバン・メロウなクラブ・ミュージックやチルアウト/アンビエント、クラシック〜映画音楽まで、街や時代の雰囲気に寄り添い、しなやかにリードするようなオール・ジャンル・ミックスの選曲。爽やかな春の朝のモーニング・コーヒー、涼しげな夏の昼下がりのランチ、心地よい秋の午後のティー・タイム、ゆっくりとくつろぐ冬の夜のディナー、静かにグラスを傾ける真夜中のワイン……思い描いたシチュエイションはさまざまですが、それはひとことで言うなら“街に愛される音楽”。そして明日からの一日をささやかでも希望を持って迎えられるような、日常の糧になる音楽です。

季節の移ろいや一日の時の流れを彩り、遠い記憶や大切な思い出を呼び起こしてくれる音楽であると同時に、今を生きる、何気ない日常に未来へのささやかな光を灯してくれる音楽を、僕たちが選ぶことができていたなら、本望です。キャロル・キングやシャーデーの珠玉のカヴァーから絶品のオリジナル曲まで、タイムリーにしてタイムレスな輝きを放つ永遠の名作が連なる80分の選曲リレー、音楽を愛するすべての人へ心をこめて贈りたい、素敵なプレゼントのようなコンピレイションだと思います。

そしてもう一枚、何よりも夏に相応しい、夏という季節のためにあるようなコンピを。僕自身の気持ちが「待ってました!」と最も前のめりになる“Good Mellows”の新作、シリーズ第5弾となる『Good Mellows For Sunlight Breezin’』。タイトル通り、サマー・ブリージンでクールで心地よいチルアウト・バレアリカから、陽の光を感じさせるピースフルでビューティフルなメロウ・ハウスまで、清らかな天上の多幸感に満ちた甘美な至宝を選りすぐった、至福のファンタスティック・セレクションです。

とりわけ今回は、ジョー・クラウゼル/ルイ・ヴェガ/パル・ジョーイ/ミシェル・ンデゲオチェロ×ベン・ワット/ジェイミー・xx/マーク・バロット/アンドラス・フォックスら人気者が揃い、過去最高とも言える楽園フレイヴァーきらめくキラー・チューンを満載しているという意味でも、まさしく至上のプレミアム・コレクション。音楽の桃源郷へと誘ってくれる、爽やかグルーヴィンで透明感あふれる優美なメロディー、涼やかで瑞々しいオーシャン感覚とアーバン・リゾート気分のロマンティックかつチャーミングな麗しのサウンドスケープを宿した、メロウ・チルアウト・グルーヴ名作が83分にわたって連なります。収録曲の半分以上が世界初CD化というのも特筆したいですね。街で、海で、ドライヴに、家やカフェやテラスでくつろぐ時間に、ぜひ繰り返し聴いて、楽しんでいただけたら嬉しいです。この夏の思い出のサウンドトラックにぜひ!

━━━━━━━━━━
6月の選盤

glrstaffblog-20160705143147-5.jpg
USENの音楽放送チャンネルの中でも指折りの人気を誇る「usen for Cafe Apres-midi」の17人の選曲家が、「街の音楽を美しくしたい」というそれぞれの思いが詰まった「この1曲」をセレクトし、現在進行形カフェ・アプレミディ・クラシックが贅沢に収録された、橋本徹さん監修プロデュースの素敵なコンピレイション『Music City Lovers〜Soundtracks For Comfortable Life』

glrstaffblog-20160705143307-734.jpg
2015年からスタートし、これまでの4作が大好評・大人気を博している“Good Mellows”シリーズの楽園フレイヴァーあふれる最新盤にして、過去最高とも言えるファンタスティックでプレミアムな絶品のキラー・チューンを満載した、橋本徹さん選曲の至福のコンピレイション『Good Mellows For Sunlight Breezin’』

──────────────────
橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは300枚に達する。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

Hot Items / ホットアイテム
More