UNITED ARROWS LTD.

Staff Blog

 
Stores
All
関東
北海道・東北
北陸・東海
関西
中国・四国・九州

プレス

CATEGORY :【 Other 】
2014.06.26

連載コラム【音楽のある風景】 Vol.26

グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。

glrstaffblog-20140626175209-513.jpg

どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月の選曲は梅雨にも負けず、ポジティヴに心晴れやかに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
梅雨の不安定な空模様が続き、サッカー・ワールドカップも残念ながら日本は終戦してしまいました。
でもアパレル系セレクトショップはこれからセールの季節ですね、元気出していきましょう。

というわけで、今月は聴いているだけで胸が高鳴り、心が晴れやかになるコンピレイションCDを2枚紹介します。
ソウル・ミュージックの聖地でもある風の街シカゴと自動車の街デトロイト、それぞれの代表的な名門レーベルの黄金時代の名作選、
『Free Soul Windy-City ~ Brunswick Treasure』と『Free Soul Motor-City ~ Hot Wax & Invictus Treasure』です。

どちらもFree Soulのポジティヴなイメージをそのまま体現してくれる、熱い思いときらめくような輝きに満ちた、
グルーヴィー&メロウな名曲のオン・パレード。
まさに大本命盤と呼ぶにふさわしく、ソウル・ミュージック青春期の瑞々しさと甘酸っぱいポップ・センス、
都会的で華やかなグルーヴが80分以上にわたってきらきらと光を放っています。

溌剌と躍動するアップタイトなビート、眩いほどに舞い上がる多幸感あふれるメロディー。
そう、これこそがヤング・ソウル、あの栄光のモータウンの惹句に倣うなら、“70s サウンド・オブ・ヤング・アメリカ”。
ここに収められた音楽のことを考えていると、文章まで青くさくなってしまうほど、
若々しい生命力を宿した、血の通ったソウル・ミュージックが詰まっています。

収録曲の音楽的な細かい説明はここではしません。
聴いてもらえれば、十分にその魅力は伝わると思うから。
時間のない方もせめて、それぞれの盤の1曲目、バーバラ・アクリン「Am I The Same Girl」と
フリーダ・ペイン「Cherish What Is Dear To You」だけは聴いてみてください。
眩しいくらいポップ性がきらめく至高のソウル・ミュージック。
言葉なんて必要ない、という僕の気持ちをきっと理解してもらえるはずです。

僕自身にとっては、懐かしい友だちとの幸福な音楽の瞬間がフラッシュバックすると同時に、
「俺もがんばろう/がんばらなくちゃ」という気にさせてくれるのが、『Free Soul Windy-City』と『Free Soul Motor-City』。
エヴァーグリーンの潤いとヴィンテージの気高さ。
何より、この高揚感と胸疼く感じが好きなんですね。

━━━━━━━━━━
6月の選盤

風の街シカゴの名門レーベル、ブランズウィック黄金期の傑作群から、
グルーヴィーに躍動しメロウに心疼かせるとびきりの至宝を、
英国のモッド〜ノーザン・ソウル・シーンの人気曲やシングル・オンリーの稀少曲も含め橋本徹さんが選りすぐった、
Free Soulファンならずとも歓喜のコンピレイション『Free Soul Windy-City ~ Brunswick Treasure』
glrstaffblog-20140626175327-504.jpeg

自動車の街デトロイトの名門レーベル、ホット・ワックス/インヴィクタス黄金期の傑作群から、
グルーヴィーに躍動しメロウに心疼かせるとびきりの至宝を、
英国のモッド〜ノーザン・ソウル・シーンの人気曲やシングル・オンリーの稀少曲も含め橋本徹さんが選りすぐった、
Free Soulファンならずとも歓喜のコンピレイション『Free Soul Motor-City ~ Hot Wax & Invictus Treasure』
glrstaffblog-20140626175404-830.jpeg

──────────────────
橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは250枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

Hot Items / ホットアイテム
More