UNITED ARROWS LTD.

Staff Blog

 
Stores
All
関東
北海道・東北
北陸・東海
関西
中国・四国・九州

プレス

CATEGORY :【 Other 】
2014.01.28

連載コラム【音楽のある風景】 Vol.21

グリーンレーベル リラクシングのBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。

glrstaffblog-20140128183206-107.jpg

どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月の選曲は、胸に沁みる美しいひとすじの光のように。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年がスタートしました。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。

“恋するレーベル”のショップBGMにも相応しいはず、とウィンター選曲でも週末の夕方に連動特集をお届けしている、
僕の最新コンピ『Urban-Mellow FM 77.4』を今回は紹介させていただきます。
これは昨年末にリリースされ、ご好評をいただいている『Free Soul ~ 2010s Urban-Mellow』の、
アプレミディ・レコーズによる兄弟編という位置づけの一枚。
街のきらめきとざわめきに溶けてゆく、ひとすじの光のように胸に沁みる美しいアーバン・メロウ・ミュージックが
80分以上にわたって連なり、都市に生きる喜びも悲しみも(そして都市に憧れるさまざまな思いも)優しく受けとめてくれます。
瑞々しく甘美なロマンティシズムと、切なく胸を疼かせるセンティメントが溶け合う、
現在進行形ジャズ〜ソウル〜ブラジリアン〜AORの珠玉の名作たち……。

マルティニーク出身のジャズ・ピアニストによる、ときめくようなフレンチ・カリビアン・タッチに魅せられる、
光の粒が舞うようなオープニングに続くのは、僕がこのコンピレイションのスピリチュアル・フラッグと考えている、
haruka nakamuraと今は亡きNujabesの名曲「Lamp」。
この連載コラムでも昨年9月に触れましたが、そのリリカルなピアノとメロウ・ビーツ、
祈りにも似たフルートの旋律に耳を傾けていると、かけがえのない思い出が走馬灯のように駆けめぐります。
そして僕の大好きなラヴ・ソング、Nujabesもジョヴァンカ&ベニー・シングスとカヴァーした
“You gave me the kiss of life”と歌われるシャーデー「Kiss Of Life」
(“You”を“Music”と置きかえても、この曲の歌詞には心打たれます)と、
「君の瞳に恋してる」の邦題でも知られるフランキー・ヴァリ〜ボーイズ・タウン・ギャングの人気曲「Can’t Take My Eyes Off You」の、
素敵なサロン・ジャズ・ヴァージョンが続きます。

やはりシャーデーをも連想させる極上のソウル・ミュージックで2013年に話題を呼んだ、
アリス・スミスとライの歌い手ミロシュのとびきりの絶品に、
トニーニョ・オルタの至上のミナス・クラシック「Aquelas Coisas Todas」の
アコースティック&ナチュラルな名カヴァーも登場する中盤以降も、
“アーバン・メロウ”というテーマに僕がインスパイアされて選んだマイ・フェイヴァリットが目白押し。
そう、コンピ制作では珍しいことなのですが、今回は僕が収録希望曲としてリストアップした作品すべてに使用許諾を得られるという、
恵まれた条件で選曲することができたのです。

そんな中でひとつ特筆するとしたら、サブリナ・スタークによる素晴らしいカヴァーを収めた、
ビル・ウィザース(&グローヴァー・ワシントン・ジュニア)の「Just The Two Of Us」についてでしょうか。
邦題は「クリスタルの恋人たち」、メロウというイメージの典型的なコード進行をもつこの曲は、
もちろん“FM感”を意識してのアーバン・セレクト。
“Crystal raindrops”とか“Rainbow in my mind”とか
“Building castles in the sky”といった言葉がちりばめられたこの曲の歌詞も、僕は大好きなのです。
ドライヴしながらカー・ステレオから流れてきたら、心に虹がかかるような素敵なフレーズですよね。

オリジナルも聴いてみたいという方は、僕の好きなビル・ウィザース作品を集めた
『Free Soul. the classic of Bill Withers』というベスト盤が出ているので、よろしければどうぞ。
「Just The Two Of Us」を始め、前回のコラムで推薦した「Lovely Day」、
全米No.1ヒットの「Lean On Me」に「Use Me」や「Ain’t No Sunshine」といった代表作を中心に、
感情のひだにまで沁みわたるような、彼の慈愛に満ちた歌声を堪能できます。

そうそう、『Urban-Mellow FM 77.4』のエンディングを安らかにしめくくる、まさに今日、
グラミー「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」受賞の嬉しい知らせが届いたグレゴリー・ポーターも、
ビル・ウィザースを彷彿させることも、ここにぜひ記しておきたいですね。
哀しみを乗りこえて「Be Good」と希望を歌う彼のソウルフルでハートウォームなヴォーカルにも、やはり慈愛を感じずにいられません。

最後にもうひとつ、『Urban-Mellow FM 77.4』のサブタイトルとした「Look For The Silver Lining」にも触れておきましょう。
このコンピには「Silver Lining」という、どこか詩的でロマンティックな、
ドリーミーな浮遊感漂うアンビエント・エレクトロニカを収録したのですが、
僕は去年の夏から秋にかけて、深夜にひとり星空を眺めながら、よくこの曲を聴いていて、
そのときにチェット・ベイカーの歌で愛してやまない「Look For The Silver Lining」のことを考えたのでした。
「Silver Lining」とは、英語の“Every cloud has a silver lining”ということわざを踏まえたフレーズで、
雲の銀色の裏地は、逆境の中で見える希望の兆しを意味しています(僕はその言葉の視覚イメージから、
長らく流れ星のことだと思いこんでいたのですが、意味的には、あながち的はずれでもありませんでしたね)。
“Look for the silver lining, whenever a cloud appears in the blue”と歌いだされ、
“So always look for the silver lining, and try to find the sunny side of life”と歌い終わるこの曲を、
僕は座右の銘にしなければ、と午前4時のまどろみの中でふと思ったわけです。
そんな酩酊寸前の記憶の温もりに包まれながら、『Urban-Mellow FM 77.4』にこめたメッセージを
「Look For The Silver Lining」の歌詞に託して、この文章を終わりにしようと思います。
Remember somewhere the sun is shining
And so the right thing to do is make it shine for you
A heartful of joy and gladness will always banish sadness and strife

━━━━━━━━━━
1月の選盤

“アーバン・メロウ”をテーマに“架空のFM”というコンセプトで
ジャズ〜ソウル〜ブラジリアン〜AORの珠玉の名作が紡がれた、
現在大ヒット中の『Free Soul ~ 2010s Urban-Mellow』の兄弟編となる
橋本徹さん選曲のコンピレイション『Urban-Mellow FM 77.4』
glrstaffblog-20140128182951-412.jpeg

優しさと凛々しさ、そして慈愛に満ちた飾り気のないビタースウィートな歌声が胸に沁みる
偉大なソウルマン、ビル・ウィザースの大ヒット曲から知る人ぞ知る名曲までを
橋本徹さんが選曲したベスト・コレクション『Free Soul. the classic of Bill Withers』
glrstaffblog-20140128183024-799.jpg

ウエスト・コーストの名門レーベル、パシフィック・ジャズに
若きチェット・ベイカーが刻んだ甘酸っぱくも儚く切ない青春の風景、
そのエヴァーグリーンな輝きを「Look For The Silver Lining」を始めとする名演で鮮やかに記録した
橋本徹さん選曲のベスト・コレクション『Chet Baker for Cafe Apres-midi』
glrstaffblog-20140128183047-835.jpg

──────────────────
橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷・公園通りの「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは250枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

価格表記についてのお知らせ:当サイト内の税込価格表示は、掲載時の消費税率に応じた価格で記載しております。お間違えになりませんようご注意ください。
Hot Items / ホットアイテム
More